野球

2021年の日ハムを解説!新監督もご紹介!

日ハムアイキャッチ

ここでは2022シーズンの日ハム(日本ハムファイターズ)を解説していきます。

栗山監督の後任として新庄剛志が就任したことは各メディアで取り上げられ野球ファンでなくても耳に入るビックニュースでした。

監督の交代でこれからどのようにチームが変わっていくのか注目です。

2021年日ハムの特徴や今後の注目選手、新監督の新庄剛志就任についてもご紹介します。

日ハムとは

日ハムは北海道の札幌ドームを本拠地としているプロ野球団体です。

2023年には北海道中部の北広島市に建設中の「ES CON FIELD HOKKAIDO」に本拠地に移転する予定です。

正式名称は北海道日本ハムファイターズ、球団を応援するファンからは「日ハム」などの愛称で呼ばれています。

日ハムは新庄剛志、ダルビッシュ有、大谷翔平とビックネームの有名選手を多く起用していたのは印象的ですね。

主なスポンサーとして日本ハムや北海道内の企業、ホクレン、ニトリがついています。

選手のユニホームにはホクレン、ニトリのロゴも確認できます。

日ハムの特徴

日ハムの特徴としてはチームのバランスが保たれている事でしょう。

球団のシステムとして2軍で活躍した選手や、好成績を残している選手は積極的に1軍で使ってもらえるようになっています。

そのため各ポジション選手のポテンシャルは非常に高く有力な選手が活用されることがチームバランスを保てる理由でしょう。

2軍の選手も成績を残せれば1軍にすぐ起用されるため、若手選手を育てる環境も整っていることが分かります。

期待の若手として注目されている野村祐樹選手も1年目は2軍で好成績を残し、2年目にはスタメンで背番号8番、ポジションは三塁としてきようされます。

日ハム2021年のスタメンと成績

10/30の千葉ロッテ戦のスタメンから2021年を振り返ってみましょう。

  • 1番 松本 剛
  • 2番 杉谷 拳士
  • 3番 近藤 健介
  • 4番 野村 佑希
  • 5番 髙濱 祐仁
  • 6番 渡邉 諒
  • 7番 木村 文紀
  • 8番 石川 亮
  • 9番 中島 卓也

以上が千葉ロッテ戦のスタメンとなります。

4番を担っていた中田翔選手が無期限出場停止となり、巨人へ移籍したので決定打には不安が残りました。

中田翔選手が球団から離れるのと同時期ほどに西川遥輝選手、大田泰示選手、渡邉諒選手の不調が見られました。

シーズン開幕から良くはないスタートダッシュを切った日ハムでしたが主力選手の不調を若手選手の淺間大基選手、髙濱祐仁選手、野村佑希選手が支えます。

シーズン後半にはドリュー・バーヘイゲン選手が調子を取り戻し、B.ロドリゲス選手と井口和朋選手の奮闘もあり、西武戦では勝利をおさめ再開を脱出します。

一度最下位まで転落した日ハムですが、ロッテ戦には見事勝利しレギュラーシーズンを5位で好成績を残します。

日ハムの新監督

日ハムの新監督として1年契約で新庄剛志が新監督として就任しました。

新庄剛志監督は現役時代に日ハムに所属していたこともあり、ここ最近の成績が落ちていることを就任前から気にしていたそうです。

現役時代から外野手としてのスキルが高く、打球を予測する勘、捕球してから送球までの速さと持ち合わせている強肩が武器でした。

監督に就任してすぐの秋季キャンプの視察で清宮幸太郎選手にダイエットをおすすめするなど包み隠さず指摘するやり取りが話題になりましたね。

日ハムの監督として選手にズバッとアドバイスをする姿を見ると指導者としては厳しそうな一面が見えます。

プロ野球選手として現役時代に活躍していた経験もある新庄監督がチームにもたらす戦略にも注目ですね。

日ハムの戦術

日ハムは戦術で「オープナー制」を導入していました。

オープナー制とは先発の投手の代わりに序盤アウトを取ることに特化した選手を登板させることです。

最初に複数のアウトを取ることで有力打者を回避し不安定なスタートをしない狙いがあります。

有力打者を回避することで失点をおさえることも大事なポイントですね。

2019年には143試合中16試合オープナー性を導入して、先発投手の立ち上がりの失点を減らすことにも成功しています。

監督が代わり2022年もオープナー制が導入されるかはまだ分かりません。

新しい戦略が日ハムに加わるかもしれないので、選手だけでなくチームの戦略にも注目していきましょう。

日ハムの注目選手

2022年日ハムの注目すべき選手をご紹介します。

今後の活躍には目が離せないので必ず確認しておきましょう。

清宮幸太郎選手

プレイスタイルから「和製ベーブ・ルース」と呼ばれている清宮幸太郎選手は日ハムの若手選手の中でも活躍に注目しておきたい選手です。

大きな武器として打ち分けれる中距離打者と評価されています。

ですが、新庄監督から昔より打球が飛んでいないと厳しい助言をもらっています。

プロに転向してからはケガの多いイメージですが2020年からは無事怪我無く離脱のないシーズンを迎えています。

2021年は1軍への昇格はなく2軍での活躍の年となりましたが2022年は1軍での活躍を待ち望みましょう。

上野響平選手

ドラフト会議で日ハムから3巡目で指名されたプロ3年目の上野響平選手です。

持ち味は流れる様にきれいな守備は、無駄のない動き、素早い反応で好評となっています。

プロ2年目には1軍に昇格を果たし、スタメンで見惚れるようなレベルの守備を魅せました。

潜在能力はとても高くフットワークとグラブさばきが遊撃守備のレベルを高めているのでしょう。

2021年は1軍で4試合、2軍で68試合と2軍中心での活躍でしたが、成績はいつ1軍に昇格してもおかしくはありません。

2022年は1軍での活躍を期待しましょう。

日ハムの最新情報

2021年は不調のスタートから持ち直し5位という結果でした。

2022年は監督も新庄監督が就任して新たなスタートとなります。

試合日程は3月29日に福岡PayPayドームでソフトバンクホークス戦です。

会見で新庄監督は「怪我をする選手はいらない」と選手に厳しさを求め、コーチには「ダメだったら1年でやめてもらう」などをミーティングで伝えていることが分かりました。

監督の言葉からは真剣にチームを本気で変える気持ちが伝わりますね。

3月29日のソフトバンクホークス戦は日ハムがどのようなチームになっているのか注目です。

伊藤大海選手

投手として活躍する伊藤大海選手は東京オリンピックで準決勝・決勝の終盤を任され無失点で抑える活躍を見せました。

プロ入り後の最高球速は153㎞/hで6種類のスライダーと6種類の変化球を操る投手です。

2021年はNPB AWARDS 2021でパ・リーグの新人特別賞を受賞する活躍ぶりでした。

新庄監督からは「これからの起用法でついてきて欲しい」と言われています。

2022年は投手だけの伊藤大海選手だけでなく、様々なポジションで活躍する伊藤大海選手 が見れるかもしれません。

まとめ

今回は新体制となる日ハムについてご紹介しました。

2021年は不調の滑り出しからシーズン5となりましたが、2022年は新体制となる日ハムに期待です。

さらに3月29日にはソフトバンクホークスとの試合もあり、新庄監督がどのようなゲームを展開していくのかがとても楽しみですね。

日ハムの野球観戦を楽しむならDAZNでの観戦がおすすめです。

DAZNなら試合終了まで中継してくれるので、最後まで観戦を楽しむことができます。

外出先で試合が気になってもDAZNあれば見れないことはありません。

これから始まる2022シーズン、ぜひDAZNで楽しみましょう!


ABOUT ME
terafumi
小学校からテニスを始め、スポーツの魅力にハマり、大学は体育科に進学。 卒業後はスポーツ業界を専門とするライターとして活動している。
スポーツを楽しむならDAZN!

daznのミニロゴ

スポーツが一番観られるのはDAZN!
130種類以上のスポーツが観放題!
今なら1ヵ月の無料体験ができる!

⇒DAZNを無料体験してみる

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。