モータースポーツ

女性版フォーミュラのWシリーズとは?日本人は出場する?

w1

女性版フォーミュラのWシリーズを知っていますか?

Wシリーズは、2019年よりスタートした女性ドライバー限定のフォーミュラカーレースのことです。

Wシリーズは、モータースポーツで女性も男性と対等に戦えるとの信念をベースに設立されました。

2020年はコロナウイルス感染拡大の影響によりシリーズが中止になりましたが、2021年は感染対策を強化して再開され、現在熱い戦いが繰り広げられています。

この記事では、Wシリーズの内容や出場している注目ドライバーについても詳しく解説します!

Wシリーズの内容や特徴は?

目的

Wシリーズは、男性と同等に戦える女性ドライバーを育成し、上位に進出するための経験を積ませることを目的としています。

将来的な目標は、Wシリーズから女性F1ドライバーを送り出すことです。

運営者

Wシリーズの運営者は、F1で経験を積んだ人物たちで、デビッド・クルサードやエイドリアン・ニューウェイらが名前を連ねています。

賞金

シリーズ全体の賞金として150万ドルが用意され、チャンピオンには50万ドルが支給されます。最終ランキングの18位まで賞金が贈られます。

ドライバー

ドライバーの一次選考は、コース上での走行、シミュレーター、エンジニアリング、体力面などのテストによって行われます。

2019年3月の最終テストでレギュラードライバー18名、リザーブ4名の計22名が選出されました。

2年目以降は、前年のランキング上位12人については継続参戦が保証され、それ以外のドライバーについては再度テスト等で選考を行います。

エントリーは無料

Wシリーズの大きな特徴としては、ドライバーは金銭負担の必要がないことです。

Wシリーズで獲得したスポンサー資金をマシンの走行費・維持費、運営資金、賞金に充当する方式を採っています。

ドライバーが活動資金を用意しないのは、モータースポーツに限ってはF1ですら一部の選手にしか許されていません。

マシン

使用されるマシンはF3マシンのタトゥースT-318を使用し、エンジンはオートテニクカ・モトリの直列4気筒1.8リッター・ターボエンジンを搭載したものです。

ポイント

Wシリーズには、F1に出場するために必要なスーパーライセンスポイント獲得の資格があり、チャンピオンには15ポイントが付与されます。

チャンピオン以下はランキング2位が12ポイント、3位が10ポイント、4位が7ポイント、5位が5ポイント、6位が3ポイント、7位が2ポイント、8位が1ポイントです。

Wシリーズがスーパーライセンスポイントを割り当てられることによって、F1出場を志す女性ドライバーにとって大きなモチベーションになるでしょう。

Wシリーズに出場する注目選手!日本人選手も!

ジェイミー・チャドウィック

イギリス出身の23歳ドライバー。F1チームのウイリアムズの開発ドライバーを務めています。2019年Wシリーズでは第1戦と第3戦に勝利し、初代チャンピオンに輝いています。

小山美姫(こやまみき)

神奈川県出身の23歳ドライバー。2015年に、モータースポーツ・フォーミュラシリーズの下位カテゴリーでプロデビュー。2019年Wシリーズは第3戦で4位、総合順位も18人中7位と健闘しています。

Wシリーズ結果・予定

2019年シーズン結果

開催日レースチャンピョン
第1戦5月4日ホッケンハイム(ドイツ)ジェイミー・チャドウィック(イギリス)
第2戦5月18日ゾルダー(ベルギー)ベイスク・フィッセール(オランダ)
第3戦6月8日ミサノ(イタリア)ジェイミー・チャドウィック(イギリス)
第4戦7月6日ノリスリンク(ドイツ)マルタ・ガルシア(スペイン)
第5戦7月20日アッセン(オランダ)エッマ・キミライネン(フィンランド)
第6戦8月11日ブランズ・ハッチ(イギリス)アリス・パウエル(イギリス)

2021年シーズンチーム・ドライバー

チームドライバードライバー
Bunker Racingファビエン・ヴォルウェンドセーブル・クック
M. Forbes Motorsportベイスク・フィッセールエイラ・アグレン
Puma W Series Teamマルタ・ガルシアゴシア・ルデスト
Racing X アリス・パウエルジェシカ・ホーキンス
Sirin Racing小山美姫ヴィッキー・ピリア
Veloce Racing ジェイミー・チャドウィックブルーナ・トマセリ
Ecurie Wエッマ・キミライネンアビー・イートン
Scuderia Wサラ・ムーアベレン・ガルシア
W Series Academy イリーナ・シドルコワネレア・マルティ

2021年シーズン結果・予定

開催日レースチャンピョン
第1戦6月26日レッドブルリンク(オーストリア)アリス・パウエル(イギリス)
第2戦7月3日レッドブルリンク(オーストリア)ジェイミー・チャドウィック(イギリス)
第3戦7月17日シルバーストン(イギリス)アリス・パウエル(イギリス)
第4戦7月31日ブダペスト(ハンガリー)ジェイミー・チャドウィック(イギリス)
第5戦8月28日スパ・フランコルシャン(ベルギー)
第6戦9月4日ザントフールト(オランダ)
第7戦10月23日オースティン(アメリカ)
第8戦10月30日メキシコシティ(メキシコ)

・開幕戦で優勝したのはアリス・パウエル。小山美姫は5位入賞を果たしました。

・第2戦はジェイミー・チャドウィックが優勝。小山美姫は18位。

・第3戦はアリス・パウエルが今シーズン2勝目。小山美姫は残念ながらマシントラブルに終わりました。

・第4戦は女王チャドウィックが後続に大差で完勝し今シーズン2勝目。小山美姫は12位。

まとめ

Wシリーズ2シーズン目の2021年は、全戦がF1のサポートイベントとして、ヨーロッパとアメリカ大陸の象徴的なサーキットで行なわれています。

モーターレースにおける最高の舞台で行われているため、世界中に女性レーシングドライバーへの関心を大きく高めることになるでしょう。

自らのスキルを披露し、熱い戦いを繰り広げている世界の女性ドライバーたち。

悲願の表彰台へ向け、小山美姫選手の活躍に期待したいですね!

ABOUT ME
せいた
野球歴12年、ラグビー歴20年、ゴルフ歴25年、少年野球コーチ歴8年、2021年1月より副業Webライターとして活動中。
スポーツを楽しむならDAZN!

daznのミニロゴ

スポーツが一番観られるのはDAZN!
130種類以上のスポーツが観放題!
今なら1ヵ月の無料体験ができる!

⇒DAZNを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。